雑誌「おかずラックラク!」の公式ページ。毎日のおかずをラクラクサポート!

調味料

TOPICS

今、注目の万能調味料 塩レモン

更新日:2014年05月28日



塩レモンって知っていますか?
レモンの塩づけです。実はこの塩レモン、モロッコのタジン鍋の
料理などによく使われる調味料なんです。
レモンと塩がなじんでくるにつれ、酸味や塩っけもまろやかに、
皮の苦みもとんで、香りのよいさわやか調味料になるんです。
また、いつもはレモンといえば果汁を使うことがほとんどですが、
塩レモンなら、皮ごと調理して食べることができます。

作り方を簡単に紹介しますね。
レモンは皮ごと使うから、国産レモンを使います。熱湯をかけて汚れを落としたら、くし形に切って塩をまぶします。


それを清潔なびんに詰めて塩をなじませ、1週間後にレモン汁と塩を足してさらに3週間ほどおくとできあがりです。


あえものの味つけ、揚げものや鍋ものの薬味、サラダのドレッシングのほか、お肉を煮るとさっぱりやわらかい仕上がりですよ。


 


おかずラックラク!2014年夏号では、話題の調味料「塩レモン」を紹介しています。


酢+油のW効果“ドレッシング煮”vs炭酸が決め手“ソーダ煮”
脂の少ない鶏むね肉は、加熱しすぎるとパサついてかたくなります。特に煮ものは水分が逃げてしまいがちなメニュー。それを解決するのが「ドレッシング」と「ソーダ」。
野菜やチーズのうまみがジュワッとしみ出る詰めワザでしっとり!「ポケットチキン」
鶏むね肉のパサつき解消を補うために、野菜の水分やチーズやバターなどの油分をプラスするのも効果的。
ポリ袋でゆでてほったらかしでOK! 大人気の「サラダチキン」
コンビニでも大人気の「サラダチキン」。そのまま蒸すとパサつきそうで、手作りはムリ!と思っていませんか?そこで、家庭でもしっとりと作れる“ポリ袋活用レシピ”を紹介します。
ヨーグルト+マヨ、水、炭酸水、まいたけ・・・身近な食材がやわらか効果を発揮! 最強のもみワザ4
ポリ袋に鶏むね肉と身近な食材、調味料を入れてもみもみするだけで、劇的にやわらかくなる方法を発見!
粉をまぶすワザで、話題のメニューを再現 水晶鶏&オレンジチキン
鶏むね肉に片栗粉や小麦粉をまぶして調理すると、水分やうまみを閉じ込めてパサつき防止。このワザは街で話題のメニューにも取り入れられていました。
おすすめユーザー