雑誌「おかずラックラク!」の公式ページ。毎日のおかずをラクラクサポート!

  • TOP >
  • 特集記事 >
  • 調理方法 >
  • 読者がチャレンジしたい春の野菜人気No.1! たけのこ ふき うど ぜんまいの攻略ワザ

調理方法

TOPICS

読者がチャレンジしたい春の野菜人気No.1! たけのこ ふき うど ぜんまいの攻略ワザ

更新日:2012年03月11日


「春になるとお店で見るけれど、今まで自分でちゃ~んと料理したことない」という読者の皆さんの声にお応えして、このページができました。
たけのこもふきも、うど、ぜんまい…どれも春ならではの味です。



生のたけのこを自分でゆでて料理するとそのおいしさにビックリしますよ。
ゆで方もていねいに紹介しているから、初心者さんでも大丈夫です。
ゆで上がったたけのこを使ってぜひ作ってほしいのが『たけのことえびの焼きびたし』です。


大きめに切ったたけのことえびに小麦粉をまぶしてフライパンで焼いただけの
超簡単メニューですが、ボリューム感も味も自信作です。

2012年3月11日発売の、おかずラックラク!春号ではたけのこ ふき うど ぜんまいの簡単レシピを紹介しています。
酢+油のW効果“ドレッシング煮”vs炭酸が決め手“ソーダ煮”
脂の少ない鶏むね肉は、加熱しすぎるとパサついてかたくなります。特に煮ものは水分が逃げてしまいがちなメニュー。それを解決するのが「ドレッシング」と「ソーダ」。
野菜やチーズのうまみがジュワッとしみ出る詰めワザでしっとり!「ポケットチキン」
鶏むね肉のパサつき解消を補うために、野菜の水分やチーズやバターなどの油分をプラスするのも効果的。
ポリ袋でゆでてほったらかしでOK! 大人気の「サラダチキン」
コンビニでも大人気の「サラダチキン」。そのまま蒸すとパサつきそうで、手作りはムリ!と思っていませんか?そこで、家庭でもしっとりと作れる“ポリ袋活用レシピ”を紹介します。
ヨーグルト+マヨ、水、炭酸水、まいたけ・・・身近な食材がやわらか効果を発揮! 最強のもみワザ4
ポリ袋に鶏むね肉と身近な食材、調味料を入れてもみもみするだけで、劇的にやわらかくなる方法を発見!
粉をまぶすワザで、話題のメニューを再現 水晶鶏&オレンジチキン
鶏むね肉に片栗粉や小麦粉をまぶして調理すると、水分やうまみを閉じ込めてパサつき防止。このワザは街で話題のメニューにも取り入れられていました。
おすすめユーザー