雑誌「おかずラックラク!」の公式ページ。毎日のおかずをラクラクサポート!

調理方法

TOPICS

おいしい煮汁もしっかり使えます。 大きなお肉をコトコト煮込み

更新日:2012年01月31日


かたまり肉や骨付き肉をコトコト煮込んで作るおかずは、ひと鍋で野菜もたっぷり湯気まで美味しい冬のごちそうです。うまみが溶け出した煮汁を使えば翌日もおいしいおかずが1品でき上がります。

 
とろりと煮た手羽先にシャキシャキ野菜をそえて
手羽先のオイスター土鍋煮込み



■ 材料:2人分 ( )内は4人分の材料です  
鶏手羽先  ・・・ 6本 (12本)
干ししいたけ  ・・・ 4枚 (8枚)
水  ・・・ 2カップ (4カップ)
ゆでたけのこ  ・・・ 100g (200g)
しょうが  ・・・ 1/2かけ (1かけ)
もやし  ・・・ 1/2袋 (1袋)
チンゲン菜  ・・・ 1株 (2株)
A.水  ・・・ 1カップ (2カップ)
A.オイスターソース  ・・・ 大さじ1と1/2 (大さじ3)
A.酒  ・・・ 大さじ1 (大さじ2)
A.砂糖、しょうゆ  ・・・ 各大さじ1/2 (各大さじ1)
水溶き片栗粉(片栗粉、水)

⇒213kcal、50min
※干ししいたけをもどす時間は除く。

作り方 ( )内は4人分です
1. 干ししいたけは分量の水につけてもどし、やわらかくなったら軸を切っておく。
2.ゆでたけのこはひと口大のくし形に切る。しょうがは皮をむいて薄切りにする。
3.手羽先は裏側に、骨の間を断ち切るように切り目を入れる。鍋に湯を沸かして手羽先を入れ、表面が白っぽくなるまでゆでてざるに上げる。
4.鍋にAと1をもどし汁ごと入れ、2のしょうが、3の手羽先を加えて火にかける。煮立ったらふたをして弱火にし、15分ほど煮る

5.別の鍋に湯を沸かし、もやしをさっとゆでて取り出す。チンゲン菜は縦6つに切り、同じ湯でさっとゆでておく。
6.
4の鍋のふたをはずし、たけのこを加えてさらに10分ほど煮る。水溶き片栗粉の片栗粉小さじ2(小さじ4)を水大さじ1と1/2(大さじ3)で溶いて加え、とろみがついたら5を加えてひと煮する。


残ったおいしい煮汁で翌日もおいしい
旬の大根がボリューミーに変身!
大根ステーキオイスターソースあんかけ



■ 材料2人分と作り方(4人分は各倍量)
1. 大根8cmは2cm厚さの輪切りにする。両面に7~8mm深さの格子状の切り目を入れる。
2.1を耐熱皿に並べてラップをふんわりかけ、電子レンジで4分ほど加熱する。水けをしっかりふく。
3.フライパンに油小さじ1/2を熱して2を並べ入れ、両面にこんがり焼き色がつくまで焼く。
4.器に盛り、「手羽先のオイスター土鍋煮込み」の煮汁大さじ5を温めてかける。

⇒50kcal、20min

おかずラックラク!体を温めて免疫力アップ号(2012年1-2月号)には ほかにも、翌日もおいしいコトコト煮込んだ大きなお肉のおかずが掲載されています。
酢+油のW効果“ドレッシング煮”vs炭酸が決め手“ソーダ煮”
脂の少ない鶏むね肉は、加熱しすぎるとパサついてかたくなります。特に煮ものは水分が逃げてしまいがちなメニュー。それを解決するのが「ドレッシング」と「ソーダ」。
野菜やチーズのうまみがジュワッとしみ出る詰めワザでしっとり!「ポケットチキン」
鶏むね肉のパサつき解消を補うために、野菜の水分やチーズやバターなどの油分をプラスするのも効果的。
ポリ袋でゆでてほったらかしでOK! 大人気の「サラダチキン」
コンビニでも大人気の「サラダチキン」。そのまま蒸すとパサつきそうで、手作りはムリ!と思っていませんか?そこで、家庭でもしっとりと作れる“ポリ袋活用レシピ”を紹介します。
ヨーグルト+マヨ、水、炭酸水、まいたけ・・・身近な食材がやわらか効果を発揮! 最強のもみワザ4
ポリ袋に鶏むね肉と身近な食材、調味料を入れてもみもみするだけで、劇的にやわらかくなる方法を発見!
粉をまぶすワザで、話題のメニューを再現 水晶鶏&オレンジチキン
鶏むね肉に片栗粉や小麦粉をまぶして調理すると、水分やうまみを閉じ込めてパサつき防止。このワザは街で話題のメニューにも取り入れられていました。
おすすめユーザー