雑誌「おかずラックラク!」の公式ページ。毎日のおかずをラクラクサポート!

調理方法

TOPICS

こんなに食べても300kcal以下!ガッツリ!こってり!肉おかず

更新日:2012年01月19日


こってりしたお肉のおかずはおいしいけれど、ちょっと気になるのが「太りやすいんじゃない?」ということ。
でも、大丈夫! 部位のチョイスや調理方法を工夫すれば、おいしさはそのまま&エネルギー量控えめの、うれしいおかずができ上がります。

 
厚切りのお肉なら「ごちそう感」も十分!
ビーフステーキガーリックソース


■ 材料:2人分 ( )内は4人分の材料です
 
 
牛ヒレ肉  ・・・ 250g (500g)
キャベツ  ・・・ 2枚 (4枚)
玉ねぎ  ・・・ 1/4個 (1/2個)
まいたけ  ・・・ 1/2パック (1パック)
にんにく 薄切り  ・・・ 1片 (2片)
しょうゆ  ・・・ 大さじ1/2 (大さじ1)
塩、こしょう、油

⇒233kcal、10min

作り方 ( )内は4人分です
1. 牛肉は2cm厚さに切ってかるくたたき、塩小さじ1/4(小さじ1/2)、こしょう少々(少々)をふる。
2. キャベツは5cm長さ、1cm幅に切る。玉ねぎは細切りにし、まいたけはほぐす。
3. フライパンに油大さじ1/2(大さじ1)を熱して2を炒める。塩、こしょう各少々(各少々)で味をととのえ、取り出す。
4. 同じフライパンに油大さじ1/2(大さじ1)を熱し、牛肉の両面を1~2分ずつ焼く。脂が出てきたらキッチンペーパーでふき、焼き上がったら2とともに器に盛る。
5. フライパンをキッチンペーパーでふき、油大さじ1/2(大さじ1)とにんにくを入れて弱火にかける。にんにくがこんがりしてきたらしょうゆを加え、牛肉にかける。


肉の脂をふきながらソテー
牛肉を焼きながら、フライパンの中の脂をキッチンペーパーでしっかりふき取る。輸入牛肉を使った場合、これだけで-47kcal に!

ただいま発売中のおかずラックラク!体を温めて免疫力アップ号(2012年1-2月号)にはほかにもボリュームたっぷり!エネルギー量ダウンのお肉のおかずが掲載されています。
酢+油のW効果“ドレッシング煮”vs炭酸が決め手“ソーダ煮”
脂の少ない鶏むね肉は、加熱しすぎるとパサついてかたくなります。特に煮ものは水分が逃げてしまいがちなメニュー。それを解決するのが「ドレッシング」と「ソーダ」。
野菜やチーズのうまみがジュワッとしみ出る詰めワザでしっとり!「ポケットチキン」
鶏むね肉のパサつき解消を補うために、野菜の水分やチーズやバターなどの油分をプラスするのも効果的。
ポリ袋でゆでてほったらかしでOK! 大人気の「サラダチキン」
コンビニでも大人気の「サラダチキン」。そのまま蒸すとパサつきそうで、手作りはムリ!と思っていませんか?そこで、家庭でもしっとりと作れる“ポリ袋活用レシピ”を紹介します。
ヨーグルト+マヨ、水、炭酸水、まいたけ・・・身近な食材がやわらか効果を発揮! 最強のもみワザ4
ポリ袋に鶏むね肉と身近な食材、調味料を入れてもみもみするだけで、劇的にやわらかくなる方法を発見!
粉をまぶすワザで、話題のメニューを再現 水晶鶏&オレンジチキン
鶏むね肉に片栗粉や小麦粉をまぶして調理すると、水分やうまみを閉じ込めてパサつき防止。このワザは街で話題のメニューにも取り入れられていました。
おすすめユーザー