雑誌「おかずラックラク!」の公式ページ。毎日のおかずをラクラクサポート!

人気のメニュー

TOPICS

準備はポリ袋におまかせ! 焼くだけ 揚げるだけ 肉ごちそう

更新日:2016年11月28日

[特集]年末年始も大活躍! 今夜は家飲み「おうちバル」ごはん

人が集まることが多い季節になりました。
そんな時に役立つのが
骨つき肉のおかずやホットプレートごと出せるメニュー、ひと口サイズの春巻きなどです。
紹介するレシピはどれも毎日のおかずにほんのひと手間をプラスしただけ。
それでも、テーブルに出すと感動の声が出ること間違いなしです。

準備はポリ袋におまかせ!
焼くだけ 揚げるだけ
肉ごちそう

人が集まるときの料理の主役といったら、やっぱり肉料理。
かたまり肉や骨つき肉、ステーキ用肉などを使えば、ボリュームたっぷりのごちそうに仕上がります。
下準備や仕上げにはポリ袋を使うと、洗う手間も省けます。

写真はフライパンで作るローストビーフ。

ジッパー付きのポリ袋に塩、こしょうをすりこんだ牛肩ロースかたまり肉と玉ねぎやセロリなどといっしょに入れて1時間以上おきます。

熱したフライパンで肉の表面にしっかり焼き色をつけたら、いったん取り出し、あいたフライパンで野菜を炒めたらその上に肉をおいて、蒸し焼きをするだけ。

炒めた野菜は赤ワインといっしょに煮詰めてソースに使えます。


11月28日発売のおかずラックラク!冬号(2017年1月号)では、ローストビーフのほか、煮豚、レアビーフカツ、BBQスペアリブなどおうちバルの主役になる肉ごちそうを紹介しています。


酢+油のW効果“ドレッシング煮”vs炭酸が決め手“ソーダ煮”
脂の少ない鶏むね肉は、加熱しすぎるとパサついてかたくなります。特に煮ものは水分が逃げてしまいがちなメニュー。それを解決するのが「ドレッシング」と「ソーダ」。
野菜やチーズのうまみがジュワッとしみ出る詰めワザでしっとり!「ポケットチキン」
鶏むね肉のパサつき解消を補うために、野菜の水分やチーズやバターなどの油分をプラスするのも効果的。
ポリ袋でゆでてほったらかしでOK! 大人気の「サラダチキン」
コンビニでも大人気の「サラダチキン」。そのまま蒸すとパサつきそうで、手作りはムリ!と思っていませんか?そこで、家庭でもしっとりと作れる“ポリ袋活用レシピ”を紹介します。
ヨーグルト+マヨ、水、炭酸水、まいたけ・・・身近な食材がやわらか効果を発揮! 最強のもみワザ4
ポリ袋に鶏むね肉と身近な食材、調味料を入れてもみもみするだけで、劇的にやわらかくなる方法を発見!
粉をまぶすワザで、話題のメニューを再現 水晶鶏&オレンジチキン
鶏むね肉に片栗粉や小麦粉をまぶして調理すると、水分やうまみを閉じ込めてパサつき防止。このワザは街で話題のメニューにも取り入れられていました。
おすすめユーザー