雑誌「おかずラックラク!」の公式ページ。毎日のおかずをラクラクサポート!

きぬさやの卵炒め

RECIPE

摂取カロリー:142kcal 調理時間:10

春らしい色合いも食卓を華やかに
材料 分量(2人分)
きぬさや 20枚
3個
小さじ1/4
こしょう 少々
小さじ1
A.塩、こしょう 各少々
A.酒 小さじ1
材料 分量(4人分)
きぬさや 40枚
6個
小さじ1/2
こしょう 少々
小さじ2
A.塩、こしょう 各少々
A.酒 小さじ2
お気に入りレシピ 0 作った感想を投稿 0
HOW TO COOK

作り方

〈1〉
きぬさやはスジを取る。卵は割りほぐして塩、こしょうを加える。

〈2〉
フライパンに油を熱し、きぬさやを炒める。Aを加え、色が鮮やかになったら1の卵を流し入れ、大きく混ぜる。
酢+油のW効果“ドレッシング煮”vs炭酸が決め手“ソーダ煮”
脂の少ない鶏むね肉は、加熱しすぎるとパサついてかたくなります。特に煮ものは水分が逃げてしまいがちなメニュー。それを解決するのが「ドレッシング」と「ソーダ」。
野菜やチーズのうまみがジュワッとしみ出る詰めワザでしっとり!「ポケットチキン」
鶏むね肉のパサつき解消を補うために、野菜の水分やチーズやバターなどの油分をプラスするのも効果的。
ポリ袋でゆでてほったらかしでOK! 大人気の「サラダチキン」
コンビニでも大人気の「サラダチキン」。そのまま蒸すとパサつきそうで、手作りはムリ!と思っていませんか?そこで、家庭でもしっとりと作れる“ポリ袋活用レシピ”を紹介します。
ヨーグルト+マヨ、水、炭酸水、まいたけ・・・身近な食材がやわらか効果を発揮! 最強のもみワザ4
ポリ袋に鶏むね肉と身近な食材、調味料を入れてもみもみするだけで、劇的にやわらかくなる方法を発見!
粉をまぶすワザで、話題のメニューを再現 水晶鶏&オレンジチキン
鶏むね肉に片栗粉や小麦粉をまぶして調理すると、水分やうまみを閉じ込めてパサつき防止。このワザは街で話題のメニューにも取り入れられていました。
おすすめユーザー