雑誌「おかずラックラク!」の公式ページ。毎日のおかずをラクラクサポート!

ジャンバラヤ

RECIPE

摂取カロリー:1066kcal 調理時間:20

具だくさんで色鮮やかなボリュームごはん
材料 分量(2人分)
ウインナーソーセージ 3本
2合(360ml)
鶏もも肉(小) 1枚
えび 6尾
なす 1本
いんげん、ししとう 各3本
パプリカ(赤、黄) 各1/4個
プチトマト 5~6個
玉ねぎ 1/2個
とうもろこし 1/2本
Aパプリカパウダー、チリペッパー 各小さじ1/2
B水 360ml
B塩 小さじ2/3
B顆粒コンソメ 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ2
塩、こしょう   
材料 分量(4人分)
ウインナーソーセージ
鶏もも肉(小)
えび
なす
いんげん、ししとう
パプリカ(赤、黄)
プチトマト
玉ねぎ
とうもろこし
Aパプリカパウダー、チリペッパー
B水
B塩
B顆粒コンソメ
オリーブオイル
塩、こしょう
お気に入りレシピ 0 作った感想を投稿 0
HOW TO COOK

作り方

①米は洗ってざるに上げる。ソーセージは斜め半分に切る。鶏肉は大きめのひと口大に切って塩、こしょう各少々をふる。えびは尾のひと節を残して殻をむき、背側に切り込みを入れて背ワタを取る。
②なすは1.5cm角、いんげんは1.5cm幅、ししとうは1cm幅、パプリカは1cm角に切る。プチトマトは半分に切る。玉ねぎはみじん切りにする。とうもろこしはゆでて実をはずす。
③フライパンに半量のオリーブオイルを強めの中火で熱し、鶏肉の表面を焼きつける。玉ねぎを加えてしんなりするまで炒めたら、ソーセージ、米とAを加える。米が透き通ってきたら炊飯器に移し、Bを加えてひと混ぜする。えびとプチトマトをのせて普通に炊く。
④フライパンに残りのオリーブオイルを熱し、なすをしんなりするまで炒めたら、とうもろこし、いんげん、パプリカを加えて2分ほど炒め、塩、こしょう各少々をふる。ししとうを加え、色が鮮やかになったら火を止め、炊き上がった③に加えて混ぜる。
酢+油のW効果“ドレッシング煮”vs炭酸が決め手“ソーダ煮”
脂の少ない鶏むね肉は、加熱しすぎるとパサついてかたくなります。特に煮ものは水分が逃げてしまいがちなメニュー。それを解決するのが「ドレッシング」と「ソーダ」。
野菜やチーズのうまみがジュワッとしみ出る詰めワザでしっとり!「ポケットチキン」
鶏むね肉のパサつき解消を補うために、野菜の水分やチーズやバターなどの油分をプラスするのも効果的。
ポリ袋でゆでてほったらかしでOK! 大人気の「サラダチキン」
コンビニでも大人気の「サラダチキン」。そのまま蒸すとパサつきそうで、手作りはムリ!と思っていませんか?そこで、家庭でもしっとりと作れる“ポリ袋活用レシピ”を紹介します。
ヨーグルト+マヨ、水、炭酸水、まいたけ・・・身近な食材がやわらか効果を発揮! 最強のもみワザ4
ポリ袋に鶏むね肉と身近な食材、調味料を入れてもみもみするだけで、劇的にやわらかくなる方法を発見!
粉をまぶすワザで、話題のメニューを再現 水晶鶏&オレンジチキン
鶏むね肉に片栗粉や小麦粉をまぶして調理すると、水分やうまみを閉じ込めてパサつき防止。このワザは街で話題のメニューにも取り入れられていました。
おすすめユーザー