雑誌「おかずラックラク!」の公式ページ。毎日のおかずをラクラクサポート!

春菊と桜えびの炒めごはん

RECIPE

摂取カロリー:400kcal 調理時間:15

香りのよい食材の組み合わせで食欲をそそる
材料 分量(2人分)
春菊 1束
桜えび 大さじ2
ごはん 茶わん2杯分
1個
塩、こしょう、しょうゆ 各少々
白いりごま 大さじ1
ごま油 大さじ1
材料 分量(4人分)
春菊 2束
桜えび 大さじ4
ごはん 茶わん4杯分
2個
塩、こしょう、しょうゆ 各少々
白いりごま 大さじ2
ごま油 大さじ2
お気に入りレシピ 0 作った感想を投稿 0
HOW TO COOK

作り方

〈1〉
春菊は葉をつみ、細かくきざむ。桜えびはフライパンでからいりする。卵は溶きほぐす。

〈2〉
フライパンにごま油を熱し、溶き卵を流し入れてかき混ぜ、半熟状になったらごはんを加えて炒める。桜えびと春菊を加えてさらに炒め、塩、こしょうで味つけし、しょうゆを入れ、ごまをふる。
酢+油のW効果“ドレッシング煮”vs炭酸が決め手“ソーダ煮”
脂の少ない鶏むね肉は、加熱しすぎるとパサついてかたくなります。特に煮ものは水分が逃げてしまいがちなメニュー。それを解決するのが「ドレッシング」と「ソーダ」。
野菜やチーズのうまみがジュワッとしみ出る詰めワザでしっとり!「ポケットチキン」
鶏むね肉のパサつき解消を補うために、野菜の水分やチーズやバターなどの油分をプラスするのも効果的。
ポリ袋でゆでてほったらかしでOK! 大人気の「サラダチキン」
コンビニでも大人気の「サラダチキン」。そのまま蒸すとパサつきそうで、手作りはムリ!と思っていませんか?そこで、家庭でもしっとりと作れる“ポリ袋活用レシピ”を紹介します。
ヨーグルト+マヨ、水、炭酸水、まいたけ・・・身近な食材がやわらか効果を発揮! 最強のもみワザ4
ポリ袋に鶏むね肉と身近な食材、調味料を入れてもみもみするだけで、劇的にやわらかくなる方法を発見!
粉をまぶすワザで、話題のメニューを再現 水晶鶏&オレンジチキン
鶏むね肉に片栗粉や小麦粉をまぶして調理すると、水分やうまみを閉じ込めてパサつき防止。このワザは街で話題のメニューにも取り入れられていました。
おすすめユーザー